異文化理解研修

概要


今や日本人ばかりの職場とは限らない時代です。どのように多国籍スタッフをマネジメントすればよいのか、また、多国籍スタッフが安心して長く働けるよう、日本の職場になじみやすくなるヒントを習得していただける内容です。現場でよくあるお困り事の解決策など、実践的な具体例が豊富です。

また、イスラム圏・英語圏・中国語圏からの訪日観光客をお迎えするための事前知識・準備の最初のステップとしても異文化理解研修をご活用いただけます。

こんなお困り事はありませんか?

サービスの特徴

様々な国籍の人と一緒に働く、また、様々な国籍のお客様と接するには、具体的にどのような対応や工夫が必要となるのか、課題や状況別に異文化を理解するための基本的な研修です。世界各国でビジネスの流儀は異なりますので、円滑に仕事を進めることができる海外対応のコツが習得できます。

 
4cs-top-jirei-8

圧倒的な実績!


アジア・欧米・中東地域などを含む、幅広い異文化理解研修、また、オリンピックや国際シンポジウム・ノーベル賞随行者向けなど、世界的イベントに関わる接客販売と研修実績が豊富。当社のお客様は、ご紹介が97%です。
4cs-top-strength-3

相手国の流儀にあわせた対応メソッド


当社は、訪日外国人客が急増する以前から、海外顧客への対応研修を先駆けとして提供してきましたので、各国や個人の嗜好や価値観の違いに応じた対応のノウハウがあります。日本以外の国籍の方々に”日本的なやり方”を押しつけず、良好な関係を築くための、事前知識や具体的行動が習得できます。
HP翻訳アプリ Adobe23 Stock_345306759-scaled-e1604977291783

貴社に必要な項目を最優先。翻訳機材も使う!


貴社の状況や必要な事を、事前に徹底リサーチしたうえで、優先事項を明確にした研修です。また、現場で実際に活用できることを目的として、翻訳機材を使用して顧客や社内でのコミュニケーションをどのようにするかの練習は、驚かれますが実践的だとご好評頂いています。

4cs-top-strength-4

厳選された講師と高い成果を生み出すカリキュラム


明日から使える実践的なカリキュラムです。講習の成果を高めるために弊社では“1社での客室乗務員経験”など“1社1職種の経験だけの講師”は採用しません。「複数の職種を複数の企業で経験」「外資系と日本企業の両方に勤め、国内外の接客販売の実務経験が豊富」「日本と海外のコミュニケーションやマナーに長け語学力も高い」など厳選しています。
4cs-top-strength-5

利用しやすさ 


オンライン・対面(全国・海外対応)・短時間・単発回も可能で、ご要望に柔軟に対応致します。現場を離れられない従業員様には、現場で行う出張研修もご好評頂いております。
HP-楽しい研修風景 Adobe22 Stock_333946090-scaled-e1604977374895

体を動かすので楽しい!


じっと座ってテキストに向かうのでは退屈ですし、記憶にも残りません。違いを体験・クイズ・ゲーム・ロールプレイ・ペアワークなど、楽しくあっという間の研修というお声をよく頂戴します。体感して納得すること、また、興味が続く環境が大切です。

カリキュラム


現場でよくある課題やエピソードが豊富な、実践に役立つカリキュラムです。オンライン研修・集合研修ともに、短時間・単発の研修から、定期的な複数回実施プログラム(半日研修・終日研修)まで、柔軟に対応致します。現場を離れづらいスタッフ様には、講師が現場に行き研修を提供することも可能です。お気軽にご相談ください。


多国籍スタッフマネジメントの基本 カリキュラム例

1多国籍スタッフのマネジメントに苦労した体験の共有
なぜ多国籍スタッフを採用するのか? 〔グループディスカッション〕
2多国籍スタッフと日本人スタッフの違い
海外の文化や思考回路の違いについて解説
3現場のマネジメント
曖昧さを一切含まない「明確な事前指示」(ワーク) 面談の重要性 多国籍スタッフの声より
4多国籍スタッフが好むコミュニケーション・嫌がるコミュニケーション
ハイコンテクスト・ローコンテクスト
5採用時の注意点
後のトラブルを避けるために

日本の職場で働くためのABC (多国籍スタッフ向け研修) カリキュラム例

1多国籍スタッフへの期待 
なぜ採用するのか? 何を求められているか?  
2日本人が好む言動・好まない言動 〔グループディスカッション〕
一般的に日本人が好む・嫌がる言動とは何か? 自らの体験を共有
3日本のビジネスマナー 理解度チェックと解説
接客方法の確認 プラス なぜそうするのかの理由を考える。 日本の職場の常識(休み方・出勤や退勤時ほか) 日本の席次・優先されるべき人・出迎え・見送り・雑談・名刺の扱い など
4日本の接客マナー 理解度チェックと解説
日本のおもてなしを体現するための 振舞い・言葉遣い 〔実践・ロールプレイ〕 より細かな部分に目を向け、現場で自信をもって振舞えるようにする。 お辞儀・指を揃える・両手で手渡し・物音・向き・丁寧語 など
5日本人スタッフや上司との円滑なコミュニケーション 〔ケーススタディ〕
日本的チームワークなど、日本の職場で重視されるポイントを理解し、自身にも同僚にもプラスになるコミュニケーションの取り方を習得する。

訪日ムスリム観光客を理解する入門セミナー カリキュラム例

1ムスリムについて知っていること 
ムスリムに対するイメージ・知っていること・体験談を話す。  
2イスラーム(*イスラム教の正式名称)とは 
〔クイズ・解説〕 ムスリムの多い国・ムスリムの義務ほか基本情報について
3飲食店での提供食品 基礎知識
ハラールとハラール認証について ムスリムフレンドリーについて
4 ムスリムの接客留意点
物販・飲食店両方に通じる、ムスリム接客のポイント

お客様の声

◆トリミングHPムスリム女性の買い物 Adobe16 Stock_340836514-scaled

小売店 日本の職場になじむ基本研修


スタッフ 受講者様

研修後の感想・満足度

以前、せっかく採用した外国人スタッフがすぐに辞めてしまうため困っており、少しでも職場に慣れてもらうために、知人から紹介されたこの研修を当店のスタッフ3名に受講させました。元々は、日本のビジネス慣習を学んでほしいという目的からでしたが、研修参加後、他店の外国籍スタッフとのやり取りや新しい交友関係ができたことがとても嬉しかったという、意外な感想を聞きました。母国を離れている彼らにとって、リフレッシュできる機会となり、福利厚生として利用できることも分かり大変良かったと思います。

HP日本のカフェで外人スタッフが働くAdobe14 Stock_239034188-scaled-e1605609278194

飲食店 多国籍スタッフマネジメント研修


店長様

研修後の感想・満足度

3年程前から、日本スタッフだけでなくアジア各国からのスタッフも働くようになりました。当初は感覚の違いで私自身戸惑うこともありましたが、なんとか慣れようと努力してきたつもりです。ただ一緒に働く日本人スタッフのなかには、他の国籍の人と関わることに消極的だったり、外国人スタッフの日本語理解の問題でトラブルがあったり、どうやったら皆にとって、心地良く、業務効率も良く働ける環境が作れるか、なかなか見えないでいました。講習では、まさに「あるある」話の連続で、当店のことを調べたのかと思うほど、共感出来るテーマやエピソードでした。ぜひ続編を受講したいです。

HPに使えそう フォーラムなど-scaled-e1605609189322

イベント主催団体 ムスリム対応セミナー


事務局 ご担当者様

研修後の感想・満足度

今回、アジア・中東地域からイスラム教の参加者が3割ほど含まれ、ムスリムの方への対応に精通した職員もいなかったため、接する際の注意点や心得を、担当部署が知っておく必要があると考えました。本やネットでも、良いこと・NGなこと等が書かれているので、研修まで受けなくてもよいのでは、という意見も事務局内にありましたが、受講してみて、知識としてではなく「それで、会場でどう動けばよいのか?」というところまで落とし込める内容だったことや、専門家の人に流れなども確認してもらえた点が何より満足しております。

講習の流れ

hearing1

ヒアリング

「外国人観光客への接客販売研修を受ける前に、まずは、心得のようなものから知りたい」 「多国籍スタッフを採用しても長く続けてくれない・・・」 etc

light2

現状のレベル把握

現状のレベルや問題点の把握、その課題を解決する方法をご提案します。

lecture3

研修プログラム実施

御社用に作成したオリジナルの研修プログラムを受講していただき、必要に応じて、その結果を測定します。(*単発の研修ではなく、研修が複数回実施の場合)

analyse4

研修結果の分析

研修結果を分析し、適宜、その後の研修プログラムを調整・変更していきます。(*単発の研修ではなく、研修が複数回実施の場合)

よくあるご質問



1「多国籍スタッフが日本で働くためのABC」は、すべて日本語で説明される研修ということですが、外国人スタッフはどれくらいのレベルの日本語を理解しないと受講が難しいですか?
平易な日本語を使ったり、言い換えをしたり、ジェスチャーや、スクリーンのイラストを使ったりと、理解して頂きやすい工夫をしておりますので、日本語が流暢でなくても、職場で日本語での意思疎通がとれる日本語レベルであればご受講頂けます。もし、日本語レベルにかなりご不安があり、同内容をすべて英語で実施する講習をご希望であれば、対応させて頂きますので、事前にお知らせ下さいませ。
2講習料金を教えてください。
受講生の人数や所要時間などによって異なりますので、下記の項目についてお知らせいただければ、お見積を出させていただきます。 お気軽にお問合せ下さいませ。 ・研修ご希望日(*日にちが確定していない場合は、ご想定の曜日や時期など)  ・研修場所と研修時間 ・人数・職種・年齢層 ・受講者に見られる普段の困りごとや課題 ・研修後に期待する受講者の変化
3「異文化理解研修」で、英語圏向けとイスラム圏向けの内容を 混ぜることは出来ますか?
はい、2つの研修を合わせる場合は、担当講師が、例えば前半研修(英語圏)と後半研修(イスラム圏)に分かれて、重複する部分を1つにまとめるなどアレンジして対応することが可能です。 2名分の講師が担当する研修としてお見積りを出させていただくことになりますので、詳細をご相談させて頂ければと存じます。
4国内であればどこでも研修は可能ですか?
はい、日本国内のどこでも講師が出張し、研修を行うことが可能です。また、日本だけでなく、日本の接客を海外の方が学びたいというご要望もあり、海外での研修実績もございます。 首都圏・関西圏は講師の出張料は基本的に不要ですが、この圏内であっても交通の便によっては、移動時間を考慮して出張手当を頂戴することもございます。詳しくはお気軽にお問い合わせ下さいませ。

お問い合わせはこちら

研修に関するお見積もり、ご不明点、ご質問等ございましたら、下記よりお問い合わせください。

    お問い合わせ