toggle
英語でお客様対応 英会話とマナー/接客 講習/代行[通訳,翻訳,渉外] フォーシーズインターナショナル
2019-03-29

これで安心!海外旅行英会話フレーズ10選 レストラン で 必要なフレーズ 第1弾

こちらのブログにて、はじめまして。ヨッシーと申します (^^)

現在は通訳・接客英語講師をしていますが

以前は外資系CAとして12年ほど世界各国を飛び回っておりました

 

世界数十か国を旅する中で楽しかったこと、そしてそれ以上に

「こうしておけばよかった!」という失敗談も数々(^^;)

現場での気づきをシェアしながら楽しく英会話や旅行の豆知識について

皆様にご紹介します。

どうぞよろしくお願いいたします。


〔英会話研修ならフォーシーズインターナショナル〕


さて、もうすぐ、10連休ものゴールデンウイーク到来ですが、

海外グルメツアーにお出かけの方も多いのではないでしょうか。

今日は海外旅行先でのお食事でも困らない、とっておきの

レストランでのフレーズを

1.お店を選んで予約、入店するまで

2.メニュー選び、注文、会計、チップなど

 

の2回に分けてご紹介します。

今回はその第1弾。どうぞお楽しみください♪

 

お店選び、予約について

海外旅行先での大きな楽しみの一つである食事。

特に滞在時間が短い場合には「絶対にハズしたくない!」

と思うのは当然ですね。

そこで、まずはお店選びのコツをご紹介します。

 

 現地の人に聞く

 

現地事情に詳しいお友達などがいれば、事前にお店の

口コミ情報をゲットしておくのも一つ。

でも、そんなご友人がいることは稀ですので、

そんな場合に私がしていたのは

 

① ホテルのフロントやコンシェルジュ、ツアーデスクで尋ねる

②  買い物で訪れたお店で出会った素敵な店員さんに聞いてみる

 

特に②は「素敵な店員さんというところがミソです。

自分が「この人いいな~」と感じる方は結構感性が似ていて

そんな方のオススメだとハズレが少なかったものです(^^)

 

質問するとき注意すべきは、

「ジャンル、雰囲気(カジュアルかフォーマルか)、予算」など

自分の希望をしっかり伝えること。

今日は庶民的な地元の居酒屋でゆっくり飲みいな~なんて思っていたのに、

行ってみたらネクタイ着用のフォーマルなレストランだった!

なんて思いもよらないことになりかねません。

希望を伝える際はこんな風に言ってみてはいかがでしょうか。

 

“Hi, I would like to try some local food.

Could you recommend a nice casual restaurant nearby?”

「こんにちは。地元のお料理を食べてみたいのですが、

この辺りで気楽に行けるいいお店はありませんか?」

 

“This is my first visit in Brisbane, so I’d love to try some local cuisine.

Is there any nice restaurant around here?”

「ブリスベンに来るのは初めてなので、郷土料理を食べてみたいと思っています。

この近くにいいお店はありませんか?」

 

もし、

今回はぐっとお洒落をしてフォーマルなディナーを楽しみたい!

という場合でしたら、こんな風に聞いてみましょう。

 

“ I would like to enjoy some fine dining this evening.

Could you recommend a popular restaurant?”

「今夜は少し高級な食事を楽しみたいと思っています。

どこか評判の良いレストランはありますか?」

 

そして行ったお店が大満足♪だった場合には、

ぜひそのお店の店員さんに次なるオススメ店を

聞いてしまいましょう。

(これぞグルメの数珠繋ぎ♪♪♪)

 

バッグには市街地マップをしのばせておくこともお忘れなく!

すかさず地図を出してお店の場所にマークを付けてもらいましょう。

その場合はこんな風に聞いちゃいましょう。

 

(店員さんのオススメを聞いて)

“That sounds great!

Could you kindly mark the location on this map?”

「そのお店、良さそうですね!

この地図に場所をマークしていただけますか?」

 

ちなみにお願いする際、

文中に“kindly” をさりげなく挟むことで

「もしよかったら・・・」という謙虚な気持ちを

伝えることができます。

 

地元の方なら、自分の町に興味を示してくれる

観光客は嬉しいもの。

きっと快く教えてくださることでしょう。

 

さて、ここでもう一つ。

超人気のお店の場合、着いてもすぐに入れない可能性も。

ホテルやツアーエージェントでで尋ねた場合には、

ぜひ一緒に予約もお願いしてしまいましょう!

例えばこんな感じ・・・

 

“Could you  book a table for us, please?

「席を予約いただけますでしょうか?」

“Could you make a reservation at 6:00pm this evening?”

「今夜6時に予約をお取りいただけますか?」

 

ちなみに日本語ではよく「席を予約する」なんて言いますが

英語ではお店のお席を予約するなら “book a seat” ではなく

“book a table” と言います。

4人分の席を予約するという場合なら

“book a table for four” でOKです。

(ただし飛行機や列車、映画館などの席なら“book a seat”です。)

 

いざ、お店へ


 

入店時、まずは入口で迎えてくれるウェイター〔waiter〕や

ウェイトレス〔waitress〕にも笑顔で挨拶。

“接客され上手” だと、お食事もより楽しめます♪
冬の寒い日など、少し高級なお店ではエントランス付近で

“May I take your coat?”

「コートをお預かりしましょうか?」

と聞かれることがあります。

ここで慌てることなく、スマートに

“Yes, please. Thank you.”

と言えるとちょっとかっこいいですね(^^)

 

 予約や名前を伝える

 

お席の予約をしたときは

“Hello. I have a reservation at 7 o’clock. My name is 〇〇〇.”

「こんにちは。7時に予約をしている〇〇〇と申します。」

と伝えればスマートです。

 

到着時間について海外は日本ほどうるさくありませんが

20分以上遅れると嫌な顔をされることもあります(^^;)

気をつけましょう。

 

予約していない場合

 

予約なしにふらっとお店に立ち寄った場合には

 

“Hello. Is there a table available for 4 people? “

「こんにちは。4人分ですがお席は空いていますか?」

と聞いてみましょう。

 

もし窓側のテーブルが希望ならこのタイミングで

 

“Can we take a table beside the window?”

と聞いてみると良いと思います。

お席が空いていれば快く通してもらえるはずです。

 

あいにく満席なら、店員さんにこんな風に言われるかもしれません。

 

“I’m sorry but all tables are taken right now.” (満席)

“I’m sorry but we are full at the moment.” (満席)

“I’m sorry but tables are fully booked this evening.” (予約でいっぱい)

 

その場合、こんな風に待ち時間を聞いてみましょう。

 

“How long is the wait?”

“How long is the queue time?”

「待ち時間はどれくらいですか?」

 

“wait” は「待つ」という動詞、

“queue” も「列に並んで待つ」という動詞ですが

こんなふうに「待ち時間」という名詞としても使えます。

 

 

 

さあ、希望のお店で席についたらいよいよ注文です!

続きは次回をお楽しみに~。

最後までお読み頂いてありがとうございました!

 

See you soon!

 

 

     株式会社フォーシーズインターナショナル

   私たちは、接客や販売 を専門にする
   「マナー・語学・異文化対応」研修と代行の会社です。

   個人英会話レッスン・英語企業研修は、お気軽にお問い合わせ下さい! 

https://4cs-i.com/contact

関連記事